人材紹介ビジネスの収益向上にSMSが有効な理由〜その1、面談設定の歩留まり改善〜

INSTが開発をしている「INST SMS」は人材紹介ビジネスのお客様によくご利用を頂いております。
その理由をシリーズ化して書きたいと思います。

人材紹介ビジネスにおける大事な2つの要素は人材求人です。
それをマッチングすることで雇用を創出することが人材紹介ビジネスの価値の真髄だと思っています。 

転職希望者と、求人企業をマッチングする。

SMSは特に転職希望者集めから求人企業へのご推薦までのプロセスのKPIを改善するところで力を発揮します。

転職希望者側のプロセスは

1.エントリー(自社媒体、求人媒体、紹介などから)
2.面談呼込(希望を聞く面談をセッティングする)
3.面談実施(いわゆるカウンセリングで希望にあった求人を案内する)

4.選考プロセス(書類選考〜面接)
5.採用決定(内定〜内定承諾〜入社)

の5つがあります。

この前半部分のKPI改善でSMSが役に立っています。

まず、1.のエントリー時から2.の面談呼込の間のプロセス。今日はココについて。

媒体などから簡単な個人情報を入力した転職希望者の情報が人材紹介会社に届きます。その情報を元に、人材紹介会社は転職希望者に連絡を取ろうとします。その際に連絡が取れなくて、面談呼込に失敗してしまう割合が30-35%程度あります。

考えられる理由は
・連絡が来たのに気付かなかった
・連絡には気付いたが何のことだかわからず放置した
・連絡を折り返せる状況になく、その後連絡を忘れてしまった
・連絡は来たが、面倒臭がって意図的に無視した
・連絡先情報を誤って入力してしまっていた

などでしょう。

これらの理由が2つに分類します。SMSによって改善が出来るか出来ないかです。

<SMSで改善できる>
・連絡が来たのに気付かなかった
・連絡には気付いたが何のことだかわからず放置した
・返信を忘れてしまった

<SMSでは改善できない>
・連絡は来たが、面倒臭がって意図的に無視した
・連絡先情報を誤って入力してしまっていた

人材紹介会社から転職希望者の方への連絡は主に電話とメールで行われます。イメージとして、まずメールが届いて、それでも連絡が取れなかった人に電話をかけるような感じです。

SMSで改善できると言った3つの理由
・連絡が来たのに気付かなかった
・連絡には気付いたが何のことだかわからず放置した
・返信を忘れてしまった
これらを解決するにはどうすればいいでしょう? 

・連絡が来たのに気付かなかった
→連絡を気づかせてあげる

これは特にメールでの連絡に気づかなかったという人です。電話かかってきたのに連絡が取れなかった人は、なんだかわからず放置、返信忘れ、そして意図的に放置のいずれかに分類されるでしょう。

そもそも人材紹介会社からの連絡を受けるメールは会社メールではなく、プライベートのメールの方に送られるでしょう。なかなか人材紹介会社のエントリーフォームに会社のメールアドレスを入力できる度胸のある人はいないでしょうから。

プライベートの方のメールアドレスには大きく2つあるでしょう。
1.Webメール(Gmailなど)
2.キャリアメール(docomo.ne.jpなど)

1.の場合は、ECサイトやメルマガなどに埋もれてしまう可能性がどうしても高くなってしまいますし、2.はそもそも利用している人が少ないと以前このブログでも書きました

そんな時に
「ご登録いただいたメールアドレスにメールを送ったので確認して下さい」とSMSが届いたらどうでしょう?

SMSの到達率は90%、30分以内開封率は90%ですので、かなりの確率で読んでいただけるでしょう。そして、文字として残ります。メールを見てもらえるようになりそうですよね。ほら、解決できそう。

・連絡には気付いたが何のことだかわからず放置した
→ちゃんと自分たち(人材紹介会社)からの連絡だと教えてあげる
これは逆に電話が多いでしょう。メールを読んでいれば、誰からの連絡なのかはわかりますしね。知らない電話番号から電話がかかってきて「誰だ?」と思って折り返し連絡しない、というのが多いと思います。たとえ留守電を残しても、携帯の留守電を聞かない人って結構いますよね。

そんな時に
「さっき電話した0120-xxx-xxxは私達からの連絡です。折り返しください。」とSMSが届いたらどうでしょう?

これは実際にSMSを送った企業で、折返し電話率が3%→24%に改善した事例もございます。30人に1人だった折返し連絡が4人に1人ってすごいですよね。解決。

・返信を忘れてしまった
→リマインドしてあげる
もうなんとなく、どうやるかはご理解いただけているのではないでしょうか。

「以前お送りしたメールに関しての返信ください」とSMSを送れば良さそうですね。この人は忘れてるだけなのですから。到達率が高いSMSならではです。
 

でもですね、皆さんやってるんですよ。リマインドも呼込みも。でもそれをSMSにしたら、もっと効率よく連絡が取れるようになるのです。人材紹介、と限定して書きましたが、人材派遣にも業務請負にもアルバイトにも同じことは言えそうですよね。

詳しくはこちらの資料にも記載してありますので、興味がある方はぜひご覧になってみてください。

それでは。

Kosuke 

記事が面白かったらFacebookページへのいいね!をお願いします

140社の「連絡が取れない」を解決したSMS&チャットツール!

「電話に出てくれない」「メールに返信がない」そんなコミュニケーションの課題を解決するのがINST Messenger。初期費用0円、基本利用料0円/月、SMSは送った分だけ15円/通。無料トライアル申込はこちらのフォームからどうぞ。

captcha