担当者の本気レベルは間違いなく成果を左右させる最重要要素だという話

INST SMSの5月の申込数が4月の申込数を超えました!皆様本当にありがとうございます!このまま毎月申込数の記録を更新していきたいものです。

さて、今日は担当者の本気レベルが導入したサービスの成果を左右させる最重要要素だというお話です。
103H
 なんとなく意味不明なフリー画像は、だいたいいつもこの辺の海外のフリー画像サイトから持ってきてます。イメージとしては、成功と失敗。チョイスが失敗?

いつもクライアントには「SMSは魔法のツールではありません」と言っています。僕らはSMSが簡単に送れるコミュニケーションを提供しているだけで、それを使いこなしていただくのはクライアント自身だと思っています。

僕らは成果が出るように最大限、機能開発や事例のご紹介、必要があればコンサルティングまで行いますが、配信代行は一切行っていません。

なので、当然お客様によって、効果に差がでます。でもそれって当然のことではないでしょうか。

求人媒体だって、TOYOTAが広告を出すのと、ブラック企業と言われる会社が出すのでは、応募の数は全然違ってくると思います。どっちが多くなるのかは敢えて言及しませんが。。。

もう一つの観点として、SMS配信先の母集団の集め方があります。「到達率ってどのくらいなの?クリック率の平均は?」と言われますが、導入している企業によっては50%でも低いと感じる方もいらっしゃるでしょうし、5%でも高いと思う使い方をされる企業もいますので。

もちろんのことながら、最大限効果が出るようにサポートは全力でします。配信の状況を見させていただきながら、アドバイスもさせていただきます。ですが、それでも差が出る一番の要素は担当者の本気レベルだと思います。

つい先日導入をいただいた、準大手の紹介会社の担当者様は導入前後でほぼ毎日僕の携帯を鳴らして来ました。(全然迷惑じゃないので安心してください。携帯かけてもらいたくなかったら名刺に番号載せてませんから。)
「これって、どうすればいいんですか?」
「こんな使い方しても大丈夫ですか?」
「こうやったほうがいいと思うんですけど、石野さんどう思いますか?」

この会社様は、配信後の効果にもご満足をいただき、良いスタートを切ることが出来ました。上長の方にも好評だそうです。

また、一方で前職時代にこんなお客様がいました。導入後、10通位しか送信せずに、いきなり怒鳴り声で電話してきて「全然SMSとどかねーじゃねえか!お前詐欺か!」と恫喝されました。どういうことかと思い、配信ステータスを見ると確かに10通のうち1通しか到達していない。どんな対象者に送ったのか聞くと、20年前に登録した人の掘り起こしをしようとSMSを送ったとのこと。

・・・

普通に考えて20年前に登録した人材紹介会社からSMS来たらどう思いますかね?というか20年電話番号変わってない可能性ってどのくらいなんですかね?とか考えないんでしょうか。このお客様はその後1通もSMSを送信することはありませんでした。SMS使えない、と判断されてしまったのでしょうね。いろいろ丁寧に説明は差し上げたのですが。

なので、INST SMSを導入検討中の企業の担当者様にお伝えしたいのは、INST SMSもINSTも使い倒してください。ということです。やっぱり本気でビジネスをしていて、本気で良い成果を出したい、と思う人と一緒に仕事がしたいですよね。

効果が出るSMSの送り方はひと通りではありません。でも僕らは、効果が出るように環境の提供はさせていただきます。最高の効果/成果はお客様と一緒に作り上げていくものだと思っていますので。

それでは。

Kosuke
 

記事が面白かったらFacebookページへのいいね!をお願いします

「連絡が取れない」をSMSとチャットで解決!140社以上の導入実績!

「連絡が取れない」を解決するには電話とメールのコミュニケーションだけではもう時代遅れ。
140社が導入するチャットとSMSを管理するINST Messengerでコンタクト率をUPしませんか?
まずはお気軽に資料請求を!

captcha