新卒採用サイトで企業分析 その1 ネオキャリアさん編

INST石野です。

慢性的ネタ不足感があるINST Blogですが(笑)、とある方から「新卒採用サイトの分析とか面白いんじゃない?」というご意見をいただきまして、やってみることにいたしました!

第1段は、弊社サービスのヘビーユーザーでもあるネオキャリアさま。マイナビの人材系カテゴリのアクセスランキングでも1位をキープ(3月7日時点)しており、学生からの注目も集まっていそう。

早速分析してみたいと思います!

カコイイ海外サービスっぽいTOPページ

スクリーンショット 2016-03-07 16.18.57

じゃじゃん!とカコイイ感じです。人気の縦スクロール型を基本とされており、ナビゲーションなども英語で記述。海外Webサービスサイトっぽい感じを出しているのはグローバル展開をしているからなのでしょうか。採用ページでは「人の顔」が結構テーマになっていて、TOPにドドン!と社員の方の顔が出ているケースも有りますが、ネオキャリアさんは風景です。コレも何か狙いがあるのでしょうか。

 

コンテンツにオリジナリティが光る。スカイプ会社訪問と動画メッセージGOOD。

コンテンツは

・FOR YOU(社長メッセージ)
・SERVICE(事業について)
・CROSS TALK(社員座談会)
・HISTORY(ネオキャリアの歴史)
・CULTURE(ネオキャリアの社風)
・WORK&PERSON(仕事と人)
・INTERVIEW(幹部インタビュー)
・COMPANY VISIT on SKYPE(スカイプ会社訪問)
・MESSAGE MOVIE(動画メッセージ)
・RECRUIT INFO.(採用情報)

という構成。いちいち英語でかっこいいです。コンテンツとしては比較的ベーシックなラインナップですが、この中で目を引いたのがスカイプ会社訪問と動画メッセージですね。

人事の人と直接Skypeできる「スカイプ会社訪問」でも、エントリー導線がちょっと微妙

スクリーンショット 2016-03-07 16.50.15

エントリー前に社員の人に直接skypeでコンタクトできるようなコンテンツのようです。訪問できる人は全員が人事系の方の模様。新卒入社で人事という人ばっかり。個人的には関西の坂本さんにコンタクトしたいですが既婚でした。

予約フォームはこちら!と書いてありますが、mailtoの設定でした。ここだけ唯一残念。これだとPCだとブラウザの機能に依存してしまうのと、スマホでもやってみましたが文字化けしちゃってました。この辺は修正したほうがいいかもですね。

Screenshot_2016-03-07-16-55-14

コレは僕のスマホでやってみた結果です。これじゃSKYPE訪問できないっす。

 

流行の動画コンテンツも抑え、尺もラインアップもGOOD

今年の採用サイトのトレンドのひとつでもある動画コンテンツもバッチリカバー。会社CMと海外事業CM、そして社員6名×1分程度のショート動画。いずれもYoutubeにUPされており、まだ再生回数は多くないですが、こういったコンテンツは非常に重要。動画は長くなりがちなのですが、スマホで見ることも考えたのか、CMで2分強、社員の動画は1分強というコンパクトさ。この辺も流石ですなー。

 

総合職採用だけど、ひときわ目立つCEO職ってなんだ?

基本的に新卒採用は総合職のようですが、その中にCEO職というのがありまして、ひときわ目を引きます

なんだ?と思い、マイナビを見てみると

■CEO職

ネオキャリアでは、2020年までに「50」のグループ会社設立を掲げて動いています。
簡単に言うと、50名の子会社のCEOが必要になると言う事。
今回のCEO職採用は、その一環となっています。
具体的には、経営戦略を作り上げていくポジションです。
中長期視点で事業課題の設定や事業計画の策定・推進を行います。
事業展開を見据え、マーケティングリサーチや提携先・営業先との交渉まで、
幅広い分野で活躍していただきます。
意欲次第では、新規事業の立ち上げにも携わることができます。
※実績として、2013年新卒生の中にも、入社当初から子会社のCEOとして
 1つの会社を任せられたメンバーもいます。

ほうほう。子会社社長採用ってことっすね。これは意識高い系・独立したい系の学生にはぶっ刺さりまくるでしょう。特筆すべきは2013年新卒生にはいたけど、2014,2015年新卒には入社時点でCEOになった人はいないってことですかね。3年に1回くらい超優秀な人が来たらなのでしょうか。

また、CEO職への応募には事業計画提出が必要なようです。プチビジコンのような感じになるんでしょうかね?ビジネスアイディアはあるけど、金はない、という学生に「子会社任せてみるか」という気概がある採用なのでしょうか。

 

結構コレが不思議。採用エントリーはマイナビかリクナビ。

ここまでコンテンツ作りこんであるのですが、採用エントリーはマイナビかリクナビからよろしくね!という構造になっています。他の会社でもそういう会社が多いようですね。僕自身は新卒採用にガッツリ関わったことがないのであまり良くわからないのですが応募する母集団が多すぎて管理するのが大変なのでしょうか?

Facebookログイン機能とかつけて、自社に応募でポチッとしてもらったほうが良いような気がするのですが、どうなのでしょうか。マイナビさんの代理店やってて、とか、僕も参照したマイナビのランキングで上位に行くための工夫とかなのかもしれません。

 

というか社員数も売上も、採用人数200~300名もスゲー

新卒採用媒体には、いつも非公開になっていがちな(未上場企業だと、特にね)売上などがパッカーンと掲載されていることが多いので、企業研究には持って来いです。

◆売上:252億円
◆従業員数:1,423名
◆採用予定人数:200-300名!

こんなに大きな会社になっていたんですね!いやーすごい。僕が入社した時のインテリジェンスが1200名くらいだったので、ほぼ同規模。ちなみに上場企業であるクリーク・アンド・リバーさんよりも売上は大きい模様。上場しようと思ったらすぐできるんじゃないでしょうか。

また、ネオキャリアさんはリーマン・ショックからの再起がすごく良いストーリーになってますね。ドラマがあるというか。若手社員が頑張る!という文化が根付いている感じがします。インタビュー記事を読んでいても、自分たちが挑戦者であるということを忘れずに、謙虚に。でもできることは何でもやる!勢いがあるというのが伝わってまいります。

第1回目はこんな感じですかね。関係者の皆様、失礼などございましたら申し訳ありません。

第2回はどの会社の採用サイト分析しようかなー

それでは。

Kosuke

 

記事が面白かったらFacebookページへのいいね!をお願いします

140社の「連絡が取れない」を解決したSMS&チャットツール!

「電話に出てくれない」「メールに返信がない」そんなコミュニケーションの課題を解決するのがINST Messenger。初期費用0円、基本利用料0円/月、SMSは送った分だけ15円/通。無料トライアル申込はこちらのフォームからどうぞ。

captcha