INST Messengerにチャット問合せシステム「intercom.io」を導入しました

INST石野です。

INSTは導入実績80社!という話をしているのですが、実はそれ以降数えるのを一旦サボっておりまして。。。さっき数えたらなんと95社になっておりました!

どうりでお客様からのお問合せも増えるわけだ。。。ありがたい限りです。感謝です。

ということでこの度INST Messengerのユーザー満足度向上を目的として、ユーザーサポートツール「intercom」を導入いたしました。

ダウンロード

intercomっていう名前の日本の会社もあるんですね。intercom.co.jp。しかもサポートツールの会社。

導入したのは https://www.intercom.io/ です。

いつも利用しているboardちきゅうもintercomを使われており、「いいなー」と思っていたのですが、なんせサポート担当のメンバーもいなかったのと、自分がずっと営業に出ているタイプなので、電話とメールで受け付けていたのですが、結構件数も増えてきてしまったので、この度チャットでのサポート導入に踏み切ることにしました。

めでたくサポート担当の方も採用できましたし。ほくほく。

導入にあたって実際にboardでintercomを利用されており、自称intercomエバンジェリストのヴェルク田向さんに、大変ぶしつけながら「どうやってintercom運用されてるのか聞きに行ってもいいですか?」と聞いて御多忙な中、快諾いただき、レッドブルと引き換えにお時間をいただき(要求されたわけではないです)ヒアリングをしてきました。田向さん、ありがとうございました!

それが今週月曜。intercomのアカウントはすでに取得してあったのでCTO(あ、エンジニアがCTOに就任したので、後日お知らせします)がslackなどと繋ぎ込んでくれて火曜日にテスト→今日リリースというスピード感を持って導入をすることができました。

intercomが非常によく出来た製品だということと、自社開発の強みがでたかなと。

こんな感じで問合せをクリックしてもらってチャットが始まります。

スクリーンショット 2016-07-12 16.11.53

スクリーンショット 2016-07-12 16.13.28

流れとしては、

・intercomでチャット問合せがある
・slackのsupportチャンネルにメッセージが届く
・slackのsupportチャンネル内で「誰が」「どう」回答するか決める
・intercomで返信する

という流れです。業務用チャットって便利ですねー。田向さん、頑張って使いこなしますね!

INST Messengerをご利用頂いている皆様は、ぜひチャットでのお問合せ、お試しいただけましたらと思います。

 

それでは。

Kosuke

 

記事が面白かったらFacebookページへのいいね!をお願いします

140社の「連絡が取れない」を解決したSMS&チャットツール!

「電話に出てくれない」「メールに返信がない」そんなコミュニケーションの課題を解決するのがINST Messenger。初期費用0円、基本利用料0円/月、SMSは送った分だけ15円/通。無料トライアル申込はこちらのフォームからどうぞ。

captcha