[お知らせ]instはクレジットカード支払に対応しました

inst石野です。

創業から6年半の長い月日を経て、instはサービス料金のクレジットカード支払に対応しました

BtoB SaaSを提供している身ではあったものの、顧客層がある程度の規模感があるHR系企業中心であったことから、差し迫ったニーズもなく後回しにしておりまして、今の今まで銀行振込のみの支払い対応だったというのは大変お恥ずかしい限りです。。。

※注意:今まで通り請求書送付→銀行振込ももちろん継続利用可能です

 

instは「規模や利用金額によって顧客を差別しない」というポリシーを持ってサービス提供、事業運営を行っています。

特にSMS送信サービスである、INST Messengerは基本料金0円、15円/通の完全従量課金制で提供を行っておりますので、毎月の支払が数百円というユーザー企業も一定の割合で存在します。ただ、その場合銀行振込手数料のほうがサービスの利用金額より多くなったりしてしまいます。

そういった少額利用のユーザー企業からは何度か「何ヶ月分かまとめて支払いたい」というご要望も頂いたことはあったのですが、それはイレギュラーな支払い対応ということで社内オペレーションへの負荷を考えお断りしておりました。

 

クレジットカード支払いをご利用いただくことのユーザー(利用者)メリットは

・銀行振込の手数料が必要ない(決済手数料はinstが負担)

・すぐに利用開始ができる(サービス利用は申込→デポジット支払→アカウント発行の順のため)
※銀行振込よりカードのほうがスピーディに支払できる企業が多いかなと

・支払い忘れがない(ユーザー企業のアカウントごとにクレジットカードを登録できるようにしたので)

などが挙げられます。

inst側のメリットは正直なところ殆ど無いですw

決済手数料が数%掛かるので利益は必然的に減ります。また、飲食店やECサイトのように「クレカ使えないの?じゃあ買わない」みたいなシーンも法人間取引ではほぼありませんので。

ですが、ユーザーメリットがあるのであれば、やっておいて損はないかなと思いますし、利用企業数は増えて行くと思うので、請求にかかるオペレーションコストも抑えることができるかなということでクレジットカード支払に対応しました。

 

今回決済サービスとしてはStripeを採用しました。クレジットカードはVisa、American Express、Master card、JCBに対応します。これも実はこだわりでして、「クレカ支払い対応してるけどVisaとMaster cardのみ対応」とか結構あるじゃないですか。instは法人カードがAMEXだったりするのでそういう場合僕の個人カードで立替えて経費精算みたいなのが結構めんどくさかったりするので、手数料が多少高くなっても対応できるカードは多くしました。メインの法人カードがダイナースという会社さんがあったらすいません(汗)

 

また、この場をもちまして全体へのクレジットカード支払対応に先立ってクレジットカード支払いのテストにお付き合いをいただきました16社のinstの既存ユーザー企業様への感謝をお伝えしたいと思います。テストへのご協力誠にありがとうございました。

 

今後もどんどん便利に手軽にたくさんの方にinstのサービスを利用いただけるように、また「instは気が利いているね」と言っていただけるように開発チーム、サポートチーム共々頑張っていきますので、引き続きinstをよろしくお願いします!

※あれ、なんか今日俺普通のIT会社の良い社長みたいだなw

 

それでは。
Kosuke

=======無料オンラインセミナーのお知らせ============
9月15日(水)12:00-12:30で無料オンラインセミナー開催します。

30分で学べるDX推進の第一歩「非同期コミュニケーション入門」

※非同期コミュニケーションについてはこちらにも少し記載しましたので参考までに

回答率50%超え!業務時間は2/3に!_p

販促にSMS、効果的です

どんどん効果が出なくなるメルマガに変わるマーケティング施策をお探しなら、INSTのSMS送信サービス。SMSなら送ったらすぐに気付いてもらえ、90%以上開封されます。資料請求はこちらから