Appleを本気で卒業しようかと思っています

apple-logo

Appleが好きでした。

いつまで好きだったか、と考えてみると、やはりJobsが存命だった時まででしょうか。

Jobsが封筒から出した銀色の物体を見た時に、「もう絶対買おう」と心に決めました。そして、ミーハーな僕はすぐにJobsの本を買い、封筒型のMacBookAirケースも買いました。5,000円くらいしたと思います、あのケースどこ行ったかな。。。

あり得ないくらい薄くて、電池も持つ。それまで10年?くらい使っていたWindowsOSじゃなくなる不安なんて、Appleの素晴らしいUIの前には全くの無意味でそれからApple製品の虜になりました。

今もこの記事はMacBook Airで書いていますが、転職などの紆余曲折もあり、通算5代目です。5台目か。どっちでもいいか。

はじめて買ったスマホもiPhoneでした。ガラケーからのiPhoneはセンセーショナルすぎました。当時Androidも業務で必要だったので購入しましたが。。。。もう全然だめ。カクカクして動かないし。
※今思えば悪名高きREG◯Aだったんですけど。

それから数年間、Appleは僕の心をときめかせ続けてくれました。ハードウェアのデザインだけでなく、マーケット戦略、アプリケーションの素晴らしいUI、PassbookやFacetimeなどの新しい発想。

それが、今はなんだか、Appleの新製品発表会を楽しみにしていない自分がいます。

AppleWatchがついに発表され、賛否両論ありますが、僕はいらないです。

だってカッコ悪い。

Jobsが生きていたら、あの製品は出ていたでしょうか。
iPodの試作品を、エンジニアが発狂するくらい「小さくしろ」と指示して、やっとの思いで上がってきた試作品をコップの中に沈めて、エンジニアが本当に発狂する中、JobsがiPodからぷくぷく立ち昇る泡をみてエンジニアに言った一言。
「まだ空気が入る。その分小さくできるはずだ。」
これはもう本当にすごい。
 
今のAppleのデザイナーの人も、間違いなく超一流だし、すごく考えに考え抜いてあのデザインを上げてきているはずです。でもなんとなく、僕はもう「Appleはイノベーションを生み出せる企業ではなくなってしまった」と思っています。

理由は2つ。

テクノロジーの進化がAppleの進化に追いつき、追い越してしまった。

狂気とも言えるコダワリを見せるJobsがいなくなり破壊をしなくなった。

なんとなくそんな気がしています。

iPhone6にときめかなくなり、金色とグレーがカラバリで加わったMacBookAirも、もうあんまり欲しくない。むしろ、iPhone5で十分だし、USBポートが新しくなりすぎて、周辺機器買うコストが掛かり過ぎると思ってしまいます。

次にAppleのように僕の心をときめかせてくれる会社はどこなのでしょうか。誰なのでしょうか。

なんとなくイーロン・マスクっぽい感じがしてます。Teslaのかっこよさは、あの時のMacBook Airと同等いやそれ以上です。※まあ買えませんけど。
17

かっこいいですねー。ガルウイングの7人乗り電気自動車SUV。

それでは。

Kosuke 

導入200社突破記念!ノウハウを凝縮した事例集を無料プレゼント!

200社の「連絡が取れない」を解決してきたINSTの”効果が出るSMS送信”のノウハウを圧縮した”効果が出るSMS送信”完全マニュアルを無料プレゼント中!好評につき期間延長。2017年末までで完全締め切ります。お早めにどうぞ!

記事が面白かったらFacebookページへのいいね!をお願いします