皆さんもモヤモヤしてますよね?

inst石野です。

 

週末に行われたフジロック開催が話題になりました。

御存知の通り、デルタ株をはじめとした新型コロナウイルスが猛威を振るう中、満を持して開催された大規模野外ロックフェスなわけですが、出演予定アーティストの出演辞退や、コロナ禍での開催に関して「オリンピック開催反対したくせにフジロック行くのっておかしくない?」「フェスは不要不急だろ」などという意見がネットで散見され、非常に興味深く考えていました。

また、現在も阪神甲子園球場で2年ぶりに開催されている夏の甲子園、石野家では日々楽しみにTV観戦しているわけですが、部員に陽性者が出た代表校が出場辞退をせざるを得なくなったり、感染拡大を受け22日からは甲子園に華を添えるブラバンや応援団・チアリーダーの入場が制限されてしまったりと窮屈な生活が続いているわけです。

 

タイトルにも書いたように、コロナ禍の2020-2021年(もしかしたらもっと長く続くかもしれない)は、今生きている皆さんの人生の中で、最も善悪の判断が難しい時代なのではと思っています。

厳格なルールや罰則で行動制限が行われない日本の中で、どういった判断基準を持って行動や意見・発言をしていくのかというのがすごく難しいです。オリンピックは良くてフジロックは駄目な理由を理路整然と全員が納得できるように説明できる人なんていないのではないでしょうか。

オリンピックは世界各国から人を集めて開催したのに、県境をまたぐ修学旅行はなぜ駄目なのか。

甲子園を目指して頑張ってきた球児たちの夢舞台が開催されるのは喜ばしいことだが、甲子園のスタンドで演奏することを夢見て受験したり必死に頑張ってきた吹奏楽部の夢舞台を取り上げるのはどうなのか。

 

それぞれの立場を理解すればするほど難しい問題です。考えれば考えるほど答えは出ませんね。

 

僕として考えたこの時代を生き抜くために必要なことは

自分の価値観を他人に押し付けない

という極めてシンプルなことではと思います。

 

言ってみれば生きていく上での基本的なことなのかもしれませんが、人間は自分に関係性が近かったりして情がある立場の人を優先して考えてしまう生き物で、すべての立場にフラットにもの申せる人などいないわけです。

医療従事者が近親者にいれば、アルコール提供を自粛していない飲食店を叩きたくなるのは理解できます。

ですが、自分の両親が飲食店を経営し自分を育ててくれ、コロナ禍の今、倒産寸前のピンチなので、感染防止対策をした上でアルコール提供をするという判断をしたらそれを真っ向から否定できるのかとか。

国はワクチン接種を義務付けろ!という人もいたりするわけですが、10名程度の小さな会社を経営している僕ですら、従業員にワクチン接種を義務付けることは出来ないわけです。妊娠中の社員が2名いて、ワクチン接種による副作用などに関しては知見も前例もなかったりするわけで、生まれてくる子どもに責任を持つことは容易ではないのですよね。

 

規模の大きな会社を経営している人は、出社させるのかリモートワークに切り替えるのか、休業するのか営業を継続するのか。僕が想像もできないくらい頭を悩ませていることと思います。

 

なので、僕が考える今できることというのは、他人の価値観や判断に関して「そういう考え方もあるよね」という一旦穏やかな受け止め方をして、「この人はなんでこう考えたのか」を想像してみることではないかと。

中にはコロナ禍でセクキャバに行ったり、複数人で会食をしたりする政治家が居て、その作業を行っても心が穏やかに保てなかったりすることもあるわけですが、フェスに行ったり出社しなくてはいけなかったり飲みに行っていたりする友人たちに対しては穏やかに接することができる様になるのではと思います。

 

なんだか考えれば考えるほどモヤモヤする話題です。書いていても全くピリッと切れ味が出ないw

これは僕のブログの切れ味の問題なのか、それともコロナ禍でモヤモヤしているから仕方がないことなのか。

実はこの話題で2-3記事書いてみたのですがどうも読み返してみても面白くなく、まるでupする気になれず。今日はもうモヤモヤで中途半端でもこれはupしようと決めています。

でも、やっぱりみんなもモヤモヤしてますよね?

 

面談予約のコスト50%カット_p

その悩み、INSTのSMSで解決できます

電話に出てくれない相手とのアポ調整にはSMSが有効です。400社以上の「連絡が取れない」を解決してきたINSTのSMS送信サービス。初期費用・月額費用0円ですぐに始められます。資料請求はこちらから。